--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.30 (Wed)

日傘


生活ですと日傘の利用頻度は低い
ですが一応持っています
日傘
↑晴雨兼用
日傘1
↑コレ何と10年前の誕生日に娘からの
高校生だった2人が相談してバイト代で買ってくれた傘
可愛かったあの頃♡→ܫ←♡
古くなっても捨てれません

もう一本 30年前のお嫁入り道具の日傘(どんだけ~
サ~モンピンクでレ~スフリフリ
ただオシャレだけの日傘ですしUVカットなんて無い時代のもの
ですが捨てれずに箪笥の肥やしでした
つい2~3年前はあったはずナノニ
探しても見当たりません(´Д`)
モネ
モネの<日傘をさす女>
ロマンティックですねぇ
まだUVもキツクなかった時代でしょう
今は とにもかくにもUVカット
機能的な日傘が一番ですね(^σ^)
Thanks(v^-^v)♪絵
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
08:39  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(30)

2008.07.28 (Mon)

柏葉アジサイ


急な雨と落雷で一気に気温が下がりました
庭も息を吹き返した様子
ですが 絵ありですか?
柏葉アジサイをそのままにしていたら
柏葉1k
こんなになってますケド、、、
アキイロアジサイとは呼ばないでしょう?
柏葉k


かしわば2

清楚な深い白だったんですけどねぇ
まぁいいかっThanks(v^-^v)♪絵
web拍手 by FC2
15:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(26)

2008.07.26 (Sat)

暑中お見舞い


     ヽ│/   ⌒ヽ
     -── (  )
     /│\ (   )
       ⌒ヽノ    )_
      (ー´     )
      ~~ ~~~~~~~~~~~~~~
海
        あち~36℃     
        笑うしかありませんアハハ~~

~~~~~~~~~~~~どなたさまも~~~~~~~~~~~~~~  
       暑中お見舞い
       申し上げます


水分しっかり摂って
日傘と帽子を忘れずに
熱中症に気をつけましょう!!


小さな抵抗 緑のカ~テン絵
CANWVOG71.jpg

かき氷
          Kakigori_hyoki.pngちべ~~
               かき氷1

Thanks(v^-^v)♪絵絵
web拍手 by FC2
14:25  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(33)

2008.07.24 (Thu)

ゲルニカ

スペイン最終日となりました
ナンダカ間延びしちゃいましたが
私の記憶を留める為にも頑張って書きます
お見苦しいところはどうぞスル~してクダサイね
首都マドリッドの<ソフィア王妃芸術センター>
入り口でやたら厳しいチェックがあり
静か~に3階に登って行くと
いきなりコレです 鳥肌が立ちました
ガ~ドマンが2人
3㍍に近づくとブザ~が鳴りました(゚m゚*)

ゲルニカ

ピカソの<ゲルニカ>

縦3.5㍍横7.8㍍ 大きい!!
1937年ゲルニカはナチスによって空爆を受けました
史上初の無差別空爆と言われています
ピカソは同年のパリ万博の壁画として急遽この画を描くことになりました
工業用ペンキで あえてモノクロに
血の色を見せなかったことが格別の効果を与えているようです
 死んだ子を抱き泣き叫ぶ母親
 天に救いを求める人
 狂ったようにいななく馬
 人間の目をした牛の頭
 窓から室内に首を突き出す人物etc
<ゲルニカ>は戦火を避けるためニュ~ヨ~クの近代美術館に預けていましたが
1981年スペインに返還されました

ここ<ソフィア王妃芸術センター>の敷地内は一切camera厳禁なのでキレイな中庭やオモシログッズのお土産やさんの写真が1枚もないのがザンネンです
ソフィア王妃
↑のようにカワイイ子どもたちも観賞に来てました
シアワセですねホンモノに触れて

隣の<プラド美術館>です
スペイン王家のコレクションを展示する美術館で
世界でも有数の規模と内容を持っているようです
プラド
<ゴヤ展>の最中でした
「浮世絵」の繊細な線が出せないと苦しんでいたようです
プラド1

ゴヤ自画像
自画像
カストロ4世の家族
カルロス4世の家族
マドリード
、、?忘れました

今回はピカソ美術館を初め思わぬ たくさんの絵画を鑑賞できラッキ~でした

バスで少しの<マドリッドのスペイン広場>
スペインなのにスペイン広場があちこちに
これで3箇所目(゚m゚*)プッ
自己顕示欲が強い証だそうです
ここが一番大きくて立派でした
スペイン広場

昼食後
《世界遺産トレド》観光へ
最後の観光だからおまけのつもりで行きましたら
サント・トメ教会やらカテドラルやらで
なんとも重厚な街(◎。◎)!
大もうけの気持ちで嬉しかったデス
180px-Toledo2C_Spain_location.png

トレド

IMG_0562.jpg


トレド6

トレド7

トレド5
小山の上から一望するとナンテコッタ凄い街並み(◎Ω◎)
ステキでしたねぇ
この時気温40℃でした
2時間も観光したんですよ(*∀*)笑
湿気がないから猛暑とは思いません
「数年前に最高51℃を記録しましたよ」ってガイドさん
心から「その時でなくてヨカッター」

P.S
スペインのポストは黄色 目立ちます
ポスト スペ

リヤドロ
娘にお土産頼まれていたので<リヤドロ>へ
そこで見つけた↑ いったい いくらでしょう
ナント800万円!!(◎。◎)!(+。+)~~
どこのどなたが買うの~~?



ハイお名残ほしいですが帰国の途へ
往きと同じように14時間かけて帰りま~す
乗り換えのドイツのフランクフルトのラウンジで
ジュ~スとサンドウィッチが美味しかった
ルフト

延々と引っ張ったこの旅日記も終了デス
皆様に見ていただき(人∪`*)感謝♪です
熱中症にかからぬよう気をつけてくださいね

ホントにThanks(v^-^v)♪絵絵
web拍手 by FC2
12:39  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(37)

2008.07.23 (Wed)

蓼科

蓼科(長野県)に名古屋の暑さから逃れて行って来ました
海抜1500㍍ 気温22℃
夜中は窓を閉め布団を着て寝ます
「ワォ~天国じゃん!」
蓼科
3日間三昧 ところが 昨年とはナニカ違う
木陰はとても涼しい~気持ちいいわねぇ~
ですが 日向は暑い! ナンジャコレ!
タオルを濡らして首に巻き木陰を見つけては入る
そのせいでしょ 散々の結果
まぁ気にしない~気にしない~
キャディーさんも「蓼科も確かに温暖化ですね」って
来年は更に暑くなるのでしょうか?

昨年は中井貴一さんご夫婦が私たちの後ろをまわってみえました
佐田啓二さんの時代から通ってらっしゃるとか
キレイな奥様 とても仲良さそうです
その前年は武田鉄也さん オモロ~な感じです
今年はココのメンバーさんの最高齢者89歳の紳士にお会いしました
東京からみえてます長期滞在者です
一日おきに回られているとか
カ~トに乗らずに歩かれてとてもお元気です(*・∀・*)

名古屋に帰ってあまりの暑さに(◎。◎)!
昨日はグッタリでした
それとブログ友の「ねじさん」が突然閉鎖されて合わせてガクッときました
お元気な様子で昨夜も尋ねて下さったので安心しましたが
ブログを通じて親しくなった方 ホント淋しいですね

スペインもあと一日残っていますが次回にUPします

どうぞ皆様も 暑い日本をナントカ乗り越えましょうね
お元気でThanks(v^-^v)♪絵絵

web拍手 by FC2
08:10  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(24)

2008.07.18 (Fri)

コルドバ

180px-Cordoba2C_Spain_location.png
朝7時半 バスにてコルドバ市内観光に
170㌔約2時間半
オリーブ畑
見渡す限りオり~ブの木
オり~ブとぶどうは散水が不要なのでスペインにピッタリンコ
オり~ブオイル日本ではとても高価なもの
持ち帰るにはちょっと大変 ザンネンです

ハイ《世界遺産メスキータ》に到着
まずは外観
メスキータ
ココややこしくてムツカシイのでさら~っと流します
昔カトリック→イスラム→カトリックが順に流布している時代の教会堂で
ゴシック様式とルネサンス様式の折衷のような建物
メスキータ2
外の壁
メスキータ1
内部 円柱の森
ユダヤ人街
↑↓近くの<ユダヤ人街>と↓↓<花の小径>
ユダヤ人街1

ユダヤ人街3

メスキータ3
ガイドさんイザベル・マリア
ブログ友のマリアさんにソックリ(私のイメ~ジ)なので
↓彼女のママのお店のパティオでお茶しながら色んなお話を、、、
メスキータ4
昨年の2月に結婚 夢は京都と奈良に行くこと
日本語は学校とガイドで習得
最初お互いに簡単英語で会話をしていたけど
「日本語の勉強のために日本語で喋りたい」
感心ですねぇ <ケンチクカ>完璧マスタ~しましたよ

ホセ
5日間お世話になった優秀なるバスの運転手ホセ58歳と
ここでG(o^^o)d bye!

新幹線AVE(アヴェ)にて首都マドリッドへ移動 
AVE.jpg
↑コルドバ駅
4年前のテロ事件で191人が犠牲になったことは
まだ記憶に新しい
空港並みの検査には(◎。◎)!
日本の安全もいつかは ここのようになるのか、、、
ラウンジで30分ほど待つ
飲み放題 軽食ですが食べ放題(〃⌒ー⌒)/
AVE1.jpg
↑AVE 1992年のセビリア万博に開通
時速平均250㌔ 日本の新幹線と同じくらい?
とにかく静か~揺れない~ 線路はど~なってんの!?
テツ子ちゃん ど~なのよ~
AVE21
1等車 日本のグリ~ン車だけど サ~ビスがめちゃいい
AVE3.jpg
↑ランチ の多さに(◎。◎)!
AVE4.jpg
↑お土産オリ~ブオイルとワインビネガ~ 飴とチョコ 
AVE5.jpg
途中左手に<イベリコ豚>の放牧場があるって
速すぎて撮れない
1軒の小屋に5~6匹の豚がノ~ンビリと放牧されてます
コルクの木のどんぐりを食します
チラッと見えました 黒豚でした

2時間後マドリッドに到着~~

イベリコ豚1
どーしてもイベリコ豚が気になる私
夜ホテルの近くを徘徊して↑ゲット
後ろ足が高級です
質の低い前足は日本などへ輸出してます(ナンダカネェ~)
この旅でナニが美味しいって
①イベリコ豚の 生ハム ベ~コン
 今でも味 覚えています
 1本でもいいから持ち帰りたかった
②オレンジ生絞りジュ~ス
 忘れられません

今夜の食事
パエリアですが やっぱ好きじゃないなぁ、、
パエリア

さて次回は鳥肌が立った例の
ピカソの<ゲルニカ>登場です
長かった旅も最後になりました
なのに 明日から3連休で長野に行ってきます
頭と体を少々冷やさないと、、
気持ちは焦っても体がついてイケマセン
o(__)oペコペコです

帰ったら又o(・Θ・)○がんばります☆
いつもThanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
16:45  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(39)

2008.07.17 (Thu)

アルハンブラ宮殿

200px-Granada2C_Spain_location.png
<グラナダ市内観光>
いつもと違い空が暗い
サハラ砂漠の砂が飛んできてるとのこと
日本で言う「黄砂」状態


《世界遺産アルハンブラ宮殿》
予約してあったので数分の待ちで入場
皆さん延々と並んでいました
12世紀頃 丘の上に築いた<赤い城壁>
現存するイスラム建築の最高峰
イスラムからキリストに移行する頃なので様々な建築様式の複合体です
本宅と夏季の避暑の別宅があります
隣だのに、、(゚m゚*)プッ
アルハンブラ2

アルハンブラ3
<ライオンのパティオ(中庭)>
124本の大理石の柱に囲まれ
王様と近親者以外の男性禁断の場
王様の寵愛を受けた女性たちのハ~レム
早く言えば<大奥>!?
贅を極めています
ここの目玉なのにただ今修復中(゚m゚*)プッ
↑真ん中のオレンジの部分に↓があるはず
アルハンブラ5
ライオンの噴水 水時計になっています
12頭のライオンが雪花石膏の水盤を支えて
1時なら1のライオンから噴水がピュ~って
想像するとなんてロマンティック~
アルハンブラ4
なのに今↑この状態 修復の順番を待っている
コレも可愛いから許す(〃⌒ー⌒)/
アルハンブラ6
イスラムは絨毯を敷いて寝そべるのでこの壁・天井の装飾
満天の星、蜂の巣のイメ~ジw(゚o゚)w
鍾乳石でアラベスク模様を彫ってあるとか
アルハンブラ8

アルハンブラ9
アラヤネスのパティオの池
なんと1年に1回の掃除です
ちょうど出くわしてそれも又いいかも
良く見ると硬貨がいっぱい
トレビの泉と間違ってる!?
アルハンブラ10
お城の壁w(゚o゚)w
これ↑の部分は馬を繋ぐリングです
昔は馬車ですものね
同行者のお顔★にてo(__)oペコ
アルハンブラ1

アルハンブラ13

アルハンブラ14

アルハンブラ12
糸杉の散歩道で↑この鳥
キレイな声で鳴いていました
ママさんならわかるでしょうに、、と独り言を言いながら
アルハンブラ11
宮殿の北側に位置する<アルバイシン地区>
カルメンと呼ばれる昔の豪邸と廃墟が混在したイスラム教徒の居住地
茶色に見える傾斜部分に洞窟を掘ってジプシ~(エジプトからの)が生活しています今でも
この洞窟は涼しくて住みやすいのでは?
豪邸も洞窟も景観を残すために壊してはいけないことになっているそうです
ホントはここを歩きたかったのに
そうだ ジプシ~はスリを仕事としてるって
ガイドさんもヒロシもピリピリしてました

市内観光バス
なんと3時間も見学してました
外に出るとこんなカワイイ市内観光バスが、、
屋根がないからあち~でしょうね(*∀*)笑

ホテルへ戻ってちと休憩
夜~夕食後(スペイン米のチャ~ハンetc)
情熱のフラメンコショ~~~
フラ
9時半なのにまだこの明るさ(*∀*)笑
ここで気づいた カメラの電池切れ(゚m゚*)プッ
私のカメラはホテルに、、
ショ~は仕方ない私の携帯で携帯 ピンクパシャッ
洞窟が会場です
涼しくて音響効果バッチリ
そしてダンサ~の隣に私が座った(偶然にも)
フラ11
私たちは手拍子打ってはダメだって
リズムが狂うらしいです(´Д`)
フラ2
歌は魂の奥底からの叫び
踊りはつま先かかとでリズムをとり 手で言葉を表現
ギターと掛け声(オ~レッ)と手拍子の3つ巴で創作ダンスを踊る
私 かぶりつきでした(*∀*)笑
ホンモノはいいですねぇ~
フラ3
隣に座ったのが彼↑ナニかの縁(*∀*)笑
話しかけました ナンパじゃないですよ
デビッド スパニッシュ 20歳 
私54歳よ エッ?それがナニか?(ジョーダン)
頑張ってね Thanks(v^-^v)♪
ってな超簡単にお互いにナントカ通じた(^σ^)♪ 

10人のダンサ~(長老は70歳位の女性)を1時間で観ました
私フラメンコのイメ~ジが変わりました
夜景のアルハンブラ宮殿を見てオ~レいいぞっ~!!の気分で夜中にホテルへ
次回は新幹線AVEに乗ります
いつもThanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
09:30  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

2008.07.15 (Tue)

ミハス

朝~
7時でやっと日の出晴れ pkk
昨夜遊んだ地中海はどんなのー?
モロッコ

海の向こうにウッスラ見える あそこ モロッコですw(゚o゚)w
ジブラルタル海峡を挟んでアフリカ!!
一番狭いところで14㌔ そりゃ見えるはずですねぇ
モロッコと言えば男性のタ〇タ〇ちゃんを取る作業で有名な国との私の認識は変!?

バスで20分
蒼い海と白い村<ミハス>へ出かけます
ミハス①1

スペインで一番小さい闘牛場
四角いんですってビックリです
ミハス

ミハス12

強い日差しを遮るため 壁を白く塗り 道を細くして 窓を小さく取ってます
建物に入る熱を少しでも抑える生活の知恵 ナルホド
ミハス1

ミハス8

1時間歩き疲れてベンチでオレンジジュース飲んで休んでいると
ミハス91

↑この方лдё・・優しく話しかけてくれたの
結局ドイツ語だったワカラン、、(´Д`)
「デンマ~クから休暇で6週間も滞在してるよ」
「私は10日間です」
「短か~ 何も出来ないね」
「6週間も長~何するの?」
ってなお互い簡単英語会話が成立?ヨカッタ

ミハス②

この真ん中のプ~ルのある大きな家
フリオ

別荘ですって 
フリオ・イグレシアス 懐かしい~お元気?知り合いじゃないけど、、、
そうだ このあたりヨ~ロッパの別荘地だって
ミハス10

40℃ q(*^O^*)pお疲れさま~
って思ったら頭を見て
小さな日傘が(^σ^)♪


バスで1時間半
<ネルハの鍾乳洞>
ネルハ

ザンネンですが印象うす~
ネルハ1

音響バッチリなのでコンサ~トに使われるとか


ちょっとビ~チに寄り道
ネルハ3

↑この下にトップレスナイスバディ~が数人ワォ~
ネルハ4



今夜のホテル グラナダへ 103㌔約1時間半
水道橋1

↑↓途中の水道橋
水道橋2



夕食後 今夜はサッカーで大賑わいのスペイン
ヨ~ロッパ選手権準決勝 対イタリア戦
この夜 遂に事件は起きました
スペインサッカー

ホテルのラウンジのTVで観戦
ゴ~ルしそうで入らない それを見てる男児がソファ~にバンバン頭をぶつけるオ~マイガ~ってなこと
それを厳しく叱る女性
ソレを見て「スペインのお母さんは躾が行き届いているでしょ」とヒロシ
大人も子どもも一つになって熱狂的な応援
ある意味羨ましい
私も雰囲気的にスペインの大応援団に急遽入る
時間切れ で PK戦に突入
4対5でスペイン勝つ!
ギャ~ギャ~ワオ~ワオ~大騒ぎ 
皆が興奮の中 部屋に戻るエレベ~タ~の中で
友達がブレスレットをいとも簡単にお見事にスラレタ
初日に何度も何度も注意をされた
 置き引き・万引き・スリ・かっぱらい
充分注意をしてここまで無事故
5日目の夜にしてやられたか~
思い返してもお見事な仕業!!
友達は悔しくて眠れなかった、、、
いつもThanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
11:06  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(34)

2008.07.14 (Mon)

ロンダ

ホテルパラドールにG(o^^o)d bye!
<シェリー酒の試飲会>に向かいます
124㌔約1時間半
シェリー酒2

ゴンザレス社の TIO PEPE(銘柄)
シェリー酒1

シェリー酒6

こんな大きな樽に入ってる
広い部屋に整然と並べてあった
天井の高いヒヤ~ッとした冷たい部屋
シェリー酒3

赤と白を1本ずつ 気前がいいねぇ
私は下戸なので主人にあげる
「うまいねぇ~」って皆さんが仰るので
「ちょっとだけヨ~」と舐めてみた
タシカニ美味しい もうちょっともうちょっと
シェリー酒4

ぶどうふるーつ☆Cultivation・ブドウの蔓を這わせてカ~テンを
嬉しいですねぇ この心遣い
おかげで涼しい~ かなり足元フラフラで気持ちいい
レレレのレ~~絵文字名を入力してください

<ロンダ観光>に向かいます
104㌔約2時間
18世紀に建てられた スペイン最古の闘牛場
私キライだから軽~くいきますね
月2回 日曜日に開催
なので本日(土)はお休み( ^o^)ホッ=3
闘牛場1

印の扉から興奮させられた牛が飛び出てくる
闘牛場2

絶対逃げれないようなしくみで繋がれている部屋
800px-Matador.jpg

↑↓闘牛士(マタドール)は1割の狭き門 国技でもあるので英雄扱い
国を挙げてのショーですね
この制服 金糸刺繍で三つ揃え 凄い高価なものとか
日本で言う<たにまち>さんが付いてらっしゃる!?
凄い高収入とか
その代わり 一発で牛をし止められない日にゃブ~イングブーイング
ガタ落ち(*∀*)笑
この赤い布(ムレータ 牛は色別出来ないので動きで興奮する)
むしろ闘牛士が興奮するもの、、
  (写真2枚お借りしましたo(__)o)
Antonio_Barrera.jpg

シャロン・ストーンの恋人 角で刺されて亡くなり大英雄になったとか
写真が飾ってありましたが この人だったかなぁ(忘れたゴメン)
P・S ここの売店で牛の形のスパンコ~ルのTシャツを買いました
レジの女性が鼻歌まじりで遅い!!怒かお
ヒロシが耳太郎で
「どこにいますかー早くしてくださーい お先に行きますよー」って呼んでるけどわたしゃレジで並んでるっちゅうの
実際ホントニお先に行ってた 菩提樹の木の下で一生懸命ガイドしてた(*∀*)笑
天然ヒロシ登場 イヤな闘牛場の締めくくりがコレでよかった(*∀*)

すぐ側の<ヌエボ橋>です
ヌエボ橋

↑下から見た画
ロンダの町は人口3万人 
タホ谷で旧市街と新市街が分かれている
二つの街を繋ぐ<ヌエボ橋>
18世紀に煉瓦を積んで作った 高さ100㍍の橋
谷の一番深いところは300㍍もある
そう言えば昔牢獄として使われていたとか
ヌエボ橋3

橋から見下ろした画 左下のほうにも家が
ヌエボ橋5

新市街を散策 ホントは旧市街を歩きたかったのに、、
車が狭い道に止めてありますが全部ドロドロです
貴重なお水を洗車には使えないのでしょう

その後太陽の海岸コスタ・デル・ソル経由で今夜のホテルに向かいます
104㌔約2時間
別荘リゾ^ト地なので
途中 ゴルフ場がいっぱい ¥3000ですってw(゚o゚)w
早く言ってくれなきゃ準備してないよー
海岸はプライベ~トビ~チが多くてトップレスの女性がいっぱいワォ~
「バスが早くて見えんぞー」って怒ってるオジサンたち
私は席が右側なのでよ~く見えました
ナイスバディ ええ勝負!!
とゆうことでバス移動の多い一日でした
6時ごろホテルに到着
夕食は8時に海岸へ出かける
ム~ル貝がいっぱい 私は2個だけ やっぱ好きじゃない(´Д`)
夕食

帰り道10時頃 
こうやって今から皆さんは食事が始まる
やっと日没の時間ですから(゚m゚*)プッ
ホテルの前の海岸で
「ワ~イ地中海だぁ~」って子どもに返って水遊びしました
ビ~チサンダルも買って 楽しかったデス
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
08:38  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)

2008.07.12 (Sat)

パラドール

カル

セビリア(赤)からカルモナ(黄)へバスで1時間弱
待ちに待ったホテルパラドールへ向かいます
資料によると ひまわりでいっぱいなんだぁ
ひまわり畑

↑この画を想像してたら
1

↑コレ 暑すぎてうつむくひまわり!?
42℃の暑さですからねぇ って
ホント?添乗員ヒロシの説明を信じていいの?
でも見渡す限り
反戦映画<ひまわり>を想い出します
マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンせつないですね
パラドール3

あっ見えてきました 丘の上に あれなのねー
14世紀のペドロ1世の居城を19世紀に再建・復元したもの
ローマとアラブフ文化を混在したような
パラ6

2重になってる石の門 細くてバスは入れません
太くて私は見せれませんo(__)o
パラドール1

紋章を2匹のライオンが支えている 入り口です
パラ4

パティオ(中庭)太陽が傾くまでテントを張っている
その赤が反映してw(゚o゚)w
この噴水 ムデハル様式ですって 
ナンダカわからないけど ねじれて可愛かった
パラドール2

ぬぁんと鍵 重いったらありゃしない
そして部屋の開けにくいこと
全員ガチャガチャと「どーやって開けるんだ?」(*∀*)笑
パラドール

夕食(8時)まで jumee☆bath3入って近所の散策に
ホテルの横側 居城の名残ですね
これでも夜7時ごろ なんせ日没が10時ですから(*∀*)笑
パラ2

小さな町ですから道路も細い
パラベンチ

ここにもタイルのベンチが スペインは陶器とタイルの名産地です
パラ5

やっと8時 夕食です
天井が高い! 居城の頃は何のお部屋だったんでしょうねぇ
「皆さん今夜は一番の服でお願いします」って言うからヒロシが
だからワンピ~スにレ~スのボレロを着て今回の旅行で一番のオシャレをしました
ナンのコメントもなかった(゚m゚*)プッ
パラ7

夕食後テラスで夜中までアップロードファイルオレンジジュースで皆さん たがが外れたように おしゃべり
この時からデスネ 一気に14人が近づいたのが
ついでにヒロシも(*∀*)笑(3日目の夜です)
パラ

朝 起きて「やっぱり」(*∀*)笑
7時過ぎてるのにやっと夜明け
眼前に広がるアンダルシア平原の眺め
緑はひまわり 茶色は刈り取った跡
ひまわりは種と油をつくる重要な資源です

このホテルはかなり有名で1年中予約が絶えないとのこと
80歳はとうに過ぎたであろうご婦人2人がタクシーで乗りつけてました
全身黄色と黄緑 そしてサングラス 
姉妹でしょうか 粋でしたねぇ
慣れた感じなので定期的に泊まりに来てるんですかね
歴史ある中世の香り ここはご紹介しなきゃと思いました
次はロンダに向かいます
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
09:01  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(30)

2008.07.11 (Fri)

カテドラル

《世界遺産セビリア カテドラル(大聖堂)》
15世紀にイスラムモスクの跡地に建築されました
礼拝堂・合唱壇・コロンブスの墓で有名です
大きさは世界3位か4位か
まだ決着がついていないようです(´Д`)
セビリア8

裏側

↑裏側
サンピエトロ

  因みに1位ローマのサンピエトロ↑
      2位ロンドンのセントポール↓
セントポール

カテ内部

↑内部↓天井
カテ天井

カテ

コロンブスの棺を歴代の王様が担いでいる像

隣接している<ヒラルダの塔>
ヒラルダ1

高さ98㍍ 頂上の女人像が風を受けて風見(ヒラルダ)のようにクルクル回ります
セビリアのシンボルですって
カテ4

28個の鐘が礼拝の時刻を知らせます
昔は驢馬(ロバ)に乗って鳴らしに登っていたとか
そのための緩やかなスロ~プがあります
カテ7

外に出るとまだ42℃暑い
観光の仕事と言えど馬がオキノドク

そう言えば記事の中にオレンジジュ~スオレンジジュースがいっぱい出演しますがオレンジの木がいたるところに植えてあります
バレンシアオレンジの原産地はもともとアメリカカリフォルニアですが スペインのバレンシア地方もバレンシア繋がりとゆうことで 栽培を始めたのでしょうかねぇ
だいたいコップ一杯500円くらい
生絞りサイコ~あの味忘れられません
オレンジ

この木は苦いからマ~マレ~ドにします
見分け方聞いてきました
オレンジの実の根元の枝がプクンプクンと親子になっていたら苦いんですって
この写真では判りづらいですねo(__)oペコね


耳太郎

コレ↑イヤホ~ン耳太郎
10日間 添乗員ヒロシとガイドさんの説明を細部に渡って聞けたのはこのお陰です

さてここでイケメンガイドとセビリアに(^∀^*)ノ゙バイバイ
楽しみにしていたホテル パラドールへ向かいます
明日UPいたします
いつもThanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
09:11  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)

2008.07.09 (Wed)

セビリア

今日はバルセロナ(●)からセビリア()へ飛行機で移動します
約1時間40分 名古屋から九州ぐらい(?)
午後1時半 着いたとたんに40℃ギョェ~
でも湿気がないので暑さは感じないですけど
セビ

<スペイン広場>です
スペインなのにスペイン広場が国のあちこちに(*∀*)笑
サン・テルモ宮殿の公園内に 1929年イベロ・アメリカ博覧会の会場として造られた
半円形で ムデハル様式の建築物です
スペイン広場12

1992年セビリア万博の際にパビリオンとして使用されました
映画<アラビアのロレンス><スターウォーズ・エピソード2クローンの攻撃>の撮影現場にもなりました
スペイン広場10

スペイン各県の歴史的出来事を描写した壁面タイルが特徴です↓
見事に全部違いました
スペ広場壁画

スペイン広場11

中に入ってw(゚o゚)w
大きい主人が小さく見える
これほど広く作らなくても、、(*∀*)笑
壁はステキなタイル 涼しく感じます
スペイン広場

さすがスペイン広場
こうやって自由に音楽活動しているんでしょうかねぇ
スペイン広場8

コロンブスの帆船のモニュメントが、、
何故ここにコロンブスが?って思われるでしょ
実は1492年コロンブスはセビリアから出港して新大陸を発見した
その500年際の記念のセビリア万博だったんですって

コロンブス

へぇ~こんな顔なの?
<コロンブスの卵>彼の名前が使われるのがオモシロイですね
コロンブスの地図

当時使った地図
地球が丸いってことはすでに知ってはいたけど 行けども行けどもたどりつかないので内輪もめしたらしい
「あと3日たっても着かなけりゃ船を降りる!!」って
やっと着いた南米に なのに何故かインドだと勘違いをしていたザンネンネ
アメリカの先住民をインディアンって呼ぶのは勘違いのインドから来たもの
もっとザンネンなのは 大陸発見者の名前を「アメリゴ・ヴェスチップ」という人物に記録されてしまったこと
だからアメリカと名づけられたとか
「記録を間違えなかったらあそこはアメリカ大陸じゃなくてコロンビア大陸です」って
あっ ここのガイドさん若いイケメンでした(〃⌒ー⌒)/
説明聞くより顔見てたグラサン●ー●
サンタマリア号

 航海につかった<サンタ・マリア号>レプリカです
 これに90人も乗ったの!?
ってことでイケメンガイドのコロンブス連発がわかりました
ビクトリア号

余談ですが↑マゼランが地球一周に乗った船<ビクトリア号>レプリカ
3年前の愛知万博に合わせて名古屋に寄港しました
ここのセビリア万博に愛知県は大いにアピ~ルしてたようです

ちょっと街の中を歩きます
セビリア6

↑水道の跡 整備されてたんですね
セビリア7

「このアングル最高 是非撮って」って添乗員ヒロシが言うから撮りましたけど
この黄色いテントのお店で買った扇子↓5ユーロ(¥850)
「まけて」「ノー!」チッけち まぁいいや背に腹は変えれん
すでに42℃ さすがに私も暑い
スペイン広場3

主人たち男性は日本から扇子を持ってきてた
ホントおじさんたちってオモロ~です
このチラッと見えてる↑傘の下で飲んだオレンジジュ~スと生ハム
(イベリコ豚)最高~~
パティオ

この細い路地のあちこちにパティオ(中庭)が
5月に<パティオ祭り>があったらしい
どれもスンバラシ~ワンダホ~

この後大聖堂に向かいますがオシャベリが過ぎたようで
次回ということでo(__)oペコね
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
09:22  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(28)

2008.07.07 (Mon)

モンセラート

さてスペイン初めての昼食タイム
ガウディにピカソ もうおなかいっぱいナンデスケド私
フィデワ

<フィデワ>パエリアのパスタ版
パエリアはお米でしょ 
これはパスタを短くカットして魚介類と煮込んだもの
スペインテではポピュラ~なものらしい
「パンはテ~ブルに乗せてね 毎回キレイなクロス使ってるから平気よ お皿に乗せるとこちらの人は変わってる~って目で見るわよ 別にお皿でもいいですけど、、」ってオモロ~ガイドさん
だからクロスに乗せましたヨ 変な目で見られたくないし(*∀*)笑
フィデワ3

外に出て気づいた 地中海の側だったw(゚o゚)w
バカンスやってますねぇ
気持ちよさそ~~

では午後の観光に向かいます
バスにて1時間20分約66㎞
《世界遺産モンセラート》
奇岩2

モンセラートとは「ノコギリでひかれた山」という意味
「よくUFOが見られる山ですよー」ホント心底見たい!!
標高1238㍍
道路から望遠で↑見上げました
見えますねベネディクト修道院です
あそこまでバスで登ります
修道院2

途中から下を見た絵
き5

フニクラ(登山列車)でもOKです
「ファスナーよ見て見て」ってオモロ~ガイドが煩い(*∀*)笑
線路がファスナ~のように見えますタシカニ(゚m゚*)プッ
き1

迫り来る岩の横を通って入り口へ
12世紀にこの山でマリア像が発見されて以来巡礼の聖地として山にへばりつくように建てられた修道院です
奇岩72

↑↓おぉ~!!恐 滑稽!!(*∀*)笑
ちょっとピンクっぽい礫岩(れきがん)などの堆積岩です
奇岩群と呼ばれています
修道院

き

ここから更にケ~ブルカ~で頂上へ登るとマヨルカ島が望めます
が 「絶対登らないでね 先日停電で止まって 途中まで歩いて迎えに行ったのよ2時間もかかったの あら登りと下りが丁度すれ違う チャンスよぉ」
って言うから(もちろんオモロイガイド)撮った写真です↑
き6

下を見ると 「ワォ~絶景かな」
街と地中海が!!ここで充分だわ
聖歌隊

↑ヨ~ロッパ最古の聖歌隊の宿もありました

来た道を戻ってホテルへ 夕方6時半
ガンガンの昼間です
スペインの日没は夜10時です(*∀*)笑
ハイここでオモロ~ガイドさんとお別れ
明日は飛行機でセビリアへ飛びますからね
リポ~タ^の武藤まきこさんのようでしたThanks(v^-^v)♪

先ずシャワ~を浴びて8時から夕食に出かけます
地中海の側の道路の脇のお店で
ム~ル貝とか焼き鳥とか、、何でも注文出来ます
大丈夫 添乗員のヒロシが付いていますから
このヒロシと私たち14名がめっちゃ楽しい旅になろうとは
この時点ではまだ、、(゚m゚*)プッ
次回はセビリアです
偶然にも昨日のTBS<世界遺産>で
「来週はスペインのセビリアをお届けします」
って なんだぁ もうちょっと早くやってくれれば私の参考資料になるのにーと、
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
14:30  |  スペイン  |  トラックバック(1)  |  コメント(24)

2008.07.04 (Fri)

ピカソ美術館

バスを降りて数分ゴシック様式の建物が立ち並ぶモンカダ通りを歩きます
モンカダ通り

馬車

昔はここを馬車が走ってました
馬の一方通行の標識です
キチンと整理されていたんですね
ピカソ美術館1

ピカソ美術館の標識です
15世紀の貴族の館を改装して1963年に美術館としてオ~プンしたとのこと
ここを左にヒョイと入ると
ピカソ美術館

入り口です 簡単そうですがチェックが厳しい~
荷物は小さな手提げ程度のみ カメラ・ビデオ禁止 一人ずつモニターで写すという念入り
人数制限があるため予約を入れて行ったにも 数分待たされた
ここからは生写真がありません
聞いたこととカタログしか資料がありませんので間違えたらo(__)oペコ
パブロピカソ

パブロ・ピカソ 1881~1973 91歳で死去
こんな顔してた!何故か岡本太郎を想像してたのは私だけ?
多作のギネス入りをしてます
絵画13000点版画10万点挿絵34000点彫刻300点
一日2~3枚のペ~スw(゚o゚)w
ここバルセロナの美術館には2000点所蔵されています
ピカソの初期と晩年の作品のみです
「ピカソの世界一のコレクターは私である」
と言ったとおり生涯に渡る膨大な作品を自身で手元に保存していた 
それを 幼い頃育ったここに両親とピカソ自身が寄贈されました

では初期の頃の絵
母の肖像

母の肖像 パステル画49.8×39 (15歳)
 白いブラウスが透き通って見える技術
 イヤリングの真珠がホンモノのよう
初聖体拝領

初聖体拝領 油絵118×166 (15歳)
 美術教師の父親の元 画家として第一歩を踏み出した作品
 上手なのに佳作にも入らなかった
科学と慈悲

科学と慈悲 油絵197×249.5 (16歳)
 県美術展で金賞受賞
 このベッド 左から見ると長~い 右から見ると短かっ!!
 何度試してもそう(写真ではわからないザンネンですが)
 16歳にしてこの技 やっぱ天才!!
小人女

小人女 ボ~ル紙に油絵102×60 (20歳)
そしてこの頃親友がピストル自殺 
ピカソの心にキズを残した
これをきっかけに青の時代(4年間ほど)に入る
自身の自画像も友人も皆ブル~に
自画像20歳

青の時代友人

青の時代シュミーズの女

 (↑因みにコレは他の美術館所蔵)
そして24歳から恋人を得てバラ色(赤)の時代に入ります

途中がなくて 晩年の作品

若い頃見たベラスケスの<ラス・メニーナス>に影響されて描いた58の連作の2つ↓(76歳)
ラスメニナス

ピカソ(ラス

因みにベラスケスの本物の<ラス・メニーナス>↓200年前の画です
ラス・メニナス

ねっ似てますね ベラスケスを尊敬していたのでしょうか
ピカソ鳩

鳩の絵 9枚の連作の1つ どの絵にも鳩が登場してます
実は平和主義でした?
絵を描く画家

絵を描く画家 油絵100×81 (84歳)
 この2年間描くという猛烈な欲求で気が違うかのようだった
腰かけている男

腰掛けている男 油絵129×60 (85歳)
 晩年の作品の理念は歯止めとか規則のない驚異的なエネルギ~を表現する方法を最後の瞬間まで探求していた
自画像晩年

↑↓自画像 (90歳)私が知ってるピカソだ(*∀*)笑
自画像晩年1

フゥ~ッ これでもごく一部です
全部ホンモノ そして 近くで観賞出来る
やはりピカソはちょっと違った ちかれた~
踊り子

↑↓こんなフツ~のスケッチ画もたくさんあります
これで一息ついてください
長くなってo(__)oペコ
パリ旅行

Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
18:44  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(30)

2008.07.03 (Thu)

グエル公園

ではバスにてすぐ近くの
《世界遺産グエル公園》に参りま~す
gaudi_map01.gif

ガウディと資産家グエル伯爵が組んでブルジョワ向けの近未来住宅都市開発に手がけた所です
今から100年前のこと
60軒分の住宅が2軒しか売れずグエル氏も死去しこの計画は頓挫
その後バルセロナ市に公園として寄付したそうです

入り口入ると おぉ~なんてキャワイイ
あのディズニィ~が影響を受けたとか ナットクですね
グエル公園

門番小屋と管理棟です
ガウディの自宅だったそうです
お菓子の家のよう
グエル公園2

ぐえる723

前を見上げると 一番上が広場になってます
おおとかげ

大階段の途中に<オオトカゲ>
雨水を貯めた貯水層から流れる樋(とい)の役目 ヤッパおりこうさん
「昭和天皇もここで記念写真を撮ったのよ さぁ触って撮って」とガイドさんが急かせるので触ってcamera
グエル

↑天井を見るとキレイ~七宝のモザイクタイル・お皿・コ~ヒ~カップ・ビンが埋め込んである
ナイスアイディア~~使えるかも(゚m゚*)プッ
オオトカゲと天井は弟子ジュジョ~ルの作品ですって
おとぎ1

一番上段は広場 ↑これ波打つイメ~ジのベンチです
タイルを細かく割ることによって曲面を出したとか
モザイクタイル

「このベンチとってもきもちいいのよ さぁ座って撮って」とガイドさんが急かせるので座ってcamera
ホント気持ちいい~~体にピタ~ッて吸い付くような優しさ・安定感・なめらかな曲線が美しい コレ欲しいっす
広場にグル~ッとこのベンチが 長さのギネスブック2位ですって
因みに世界一位はぬぁんと能登半島のコレ↓
        能登半島

640㍍ 私この椅子に座ったことあります 
娘が小さい頃 夏休みは能登に泳ぎに行ってましたから
座り心地?木って感じ
いきなり日本~って風景ですね(*∀*)笑

ってなことでこのグエル公園は広~いので1時間ほど歩きました
さて3回に渡ってガウディの作品群に触れてきました
曲線を多用した独創的デザインは建築と言うよりまさしく芸術ですね
自然と建築物のかくも美しき融合ガウディ バンザ~イ!

でもね彼の最後は悲しい物語涙

建築芸術に打ち込みすぎてお風呂にも入らず栄養失調になり 交通事故に会った
病院もあまりにもの汚さで受け入れずやっと3軒目の病院に運ばれる
しかし そこでも浮浪者と間違われ2~3日放置されたそうな
亡くなった後で天才ガウディと知り世間が大騒ぎ
ステキな芸術物語で終わりたかったですが あのオモロ~なガイドさんが何度も説明するので紹介した方がいいかなぁと、、

ハイ次はピカソ美術館に向かいます すぐそこなんですけどね 
今回も長くなりましたので次回ということでo(__)oペコ
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
18:04  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(18)

2008.07.02 (Wed)

カサ・ミラ

さて名残惜しいですがサグラダフミリァをあとにしてガウディの作品群に触れに参りま~す
gaudi_map01.gif

《世界遺産カサ・ミラ》
ミラ夫婦に依頼されて造った高級マンション
100年前の建物とはw(゚o゚)w
山をイメ~ジして 「石切り場」のニックネ~ムをつけられたとか
カサミラ

カサミラ41

正面玄関から入って
カサミラ10

中庭から空を見ると
全部屋に陽が入るように 嬉しい設計です
カサミラ11

↑↓これホントにマンション!?
山の中と言われればそう思えなくも無い
カサミラ15

天井までw(゚o゚)w
カサミラ40


カサミラ16

屋上には空気孔(煙突)が オッサレ~
カサミラ4

現在は1~2階は事務所と店舗 最上階はガウディの博物館
そして普通に人が生活しています だってマンションですから
なのに8ユーロ払って見学 どんな~

そして もうひとつ
《世界遺産カサ・バトリョ》
バスの中からギョッて見た家これだったのねぇ~
富豪バトリョ家が増改築のためガウディに依頼した邸宅
海をイメ~ジしたとか 「骨の家」とか呼ばれたらしい
カサ・バトリョ

骸骨に見えたファサード(ベランダ)は仮面のイメ~ジですって
バトリョ

カサバトリョ21

海の中と言われればそう思えなくもない
カサバトリョ23

カサバトリョ20

空気孔でしょうねぇ
これ又オッサレ~
現在のオ~ナ~さんベルナ家(チュッパチャップスの創業家)が2002年ガウディ生誕150年を記念して内部の公開をするようになったとか
チュッパチャップス

とか言っても有料です ちゃっかり儲けています(゚m゚*)
以上2軒はバスの中から見ただけ~(先を急いでいるらしい)
ガウディは「世の中は直線だけじゃない」との信念で
凹凸とズレを生かし波を打たせ 見事なる建築物と言うより彫刻建築を成し遂げました拍手
これは紹介すべきでしょ と 思って写真をお借りしましたo(__)oペコ

バスですぐそこ
《世界遺産グエル公園》ガウディの作品に行きたいところですが今回は長くなりましたので次回と言うことでo(__)oペコ
Thanks(v^-^v)♪絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
web拍手 by FC2
16:09  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(24)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。